研究内容

 当研究室では「電子スピンに着目した次世代材料・デバイスの開発」を目的に,伝統的な永久磁石材料から,最新のスピントロニクス材料・デバイスまで幅広い分野の研究を行っております.  電子スピンは磁気モーメントと密接な関係を持っていますから,スピンの制御は物質の磁化の制御を行うことを意味します.ナノメータサイズの薄膜や人工構造を作製することにより,既存の材料に垂直磁気異方性などの新たな機能を付加し,磁気抵抗メモリ等の不揮発性低消費電力デバイスを実現します.

主な研究プロジェクト

  • 対向ターゲット式スパッタ(FTS)法
  • 垂直異方性を持ったハーフメタル強磁性体薄膜
  • 応力アシスト磁化反転とピエゾエレクトロニック磁気抵抗デバイス
詳細

最近の活動